塩麹は松本頼明さんの備前のうつわ、醤油麹は土屋由起子さんの白唐津のうつわで保存♪

 

梅雨に似合う花、紫陽花の美しい季節は

キッチンを預かる者にとって、梅雨のもたらすシトシト、ジメジメがことのほか気になります

いろいろな食材や調味料が湿気て香りが失せてしまったり、あらま、カビが生えちゃったり

泣くに泣かれません

この頃では上手な保存法として真空パック保存とか、真空冷蔵保存とかが最有力視されていますが

使いたい時に、スグ使いたい現代人にとって、ダークホース的関心度のあるうつわが陶磁器なのだそうです(嬉しいですねー!)

陶磁器の特徴をチェックしつつ、保存用のうつわとしての向き、不向きを考えてみますと

① ほかの素材の器に比べ、熱しにくく冷めにくいことから温度変化があまりなく、中のものの鮮度を保ちやすいので、保存の器向き!!

② 通気性と呼吸性があり、中のものの鮮度を生き生きたもつことから、保存の器向き!!(ただし、通気性があるということは、微生物の繁殖に一役かってしまうので、器を清潔にたもっておくことが肝要となります)

③ 陶磁器は、よく呼吸する器と言われます(実際、我が家でも塩分濃度の高い梅干しを益子の器で保存していたことがありました。ある時、器の表面に、びっしり塩が吹いていました。そして、しばらくすると、その塩は、また器の中に取り込まれていたのです。ショッパイはずの梅干しを食べてみて、驚きました!!

梅干しの味が、うんとマイルドになっていたのです!!!(なんだか味の管理までしてくれているようで、大大保存の器むきですね)(笑)

④ この他、塩分や酸に強く、中に保存するものの成分を壊しにくいという利点もあります

こうしたことからダークホース的人気をいただいているのかもしれません

 

我が家では、この春あたりから塩麹を手作りして楽しんでいます

その塩麹は、松本頼明さんの備前蓋付壺に入れていますが、相も変わらずピチピチ音がたっていますからー

この塩麹クン、しっかり元気に生きて、つくる料理を陰から美味しくフォローアップしてくれています

 

 

 

こちらが、備前の肌です!!

どこかしら、呼吸しているように見えませんでしょうかー!?

 

 

 

醤油麹は、溜り醤油と米麹だけでつくりました!!

ちょっと味が濃いので、ほんのちょっとで、しっかりお味がついてしまいます!!

もう何か月もたっていますが、米麹はしっかり生きていて、甘味さえ出てきています

土屋由起子さんの白唐津の蓋物に入れて、保存しています

 

 

 

だんだん、だんだん、時間の経過とともに

ふっくら丸みを帯びた味になってきています

 

 

 

 

さて、庭から撮れた青梅の完熟を待って、梅干しを漬け込みました!!

 

 

 

今年出来上がった梅干しは、どんな器にいれて保存いたしましょうか!?

プラスチックや金属性のものは酸に弱いので避けるとして、陶磁器のほかに、ガラス容器、ホウロウ容器などもいいんですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

Share Button

ジャムづくりと保存のうつわ

ボイセンベリーの実が熟してきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいけれど、この一粒のなかにビタミンcや鉄分、ミネラルなどが豊富に詰まっています!

ほどよいものを摘

んでジャムづくりとなりました!今回は、甘さ控え目のジャムにしあげたいので

お砂糖は、ベリーの半量でー

 

 

 

 

 

 

綺麗に洗って、ひたひたの水を張り、お砂糖を投入して、弱火でコトコト、コトコト、煮詰めてゆきます

キッチン一面が、甘酸っぱいにおいで満たされる頃、ジャムはできあがっていました!

 

 

 

 

 

綺麗なルビー・レッドの色をしたジャムです!!

さて、今日は、ジャムの保存用に、取り置きの空き瓶を利用いたしますが

 

美味しさを長く愉しむためには、保存の仕方が肝心になります

保存の上手な仕方には

ひとつに、極力真空に近い状態で保存する

ふたつ目には、低温保存する(雑菌の発生を防ぐため)

三つ目には、保存するものが適度に呼吸できるうつわで保存するなどです

保存のうつわにはいろいろなものがありますが

ここのところ注目されているのが、陶製のうつわです!!

 

 

 

 

 

さて、その魅力は、どんなところにあるのでしょうー!?

次回か次々回に、その秘密をさぐるレポートができたらと考えています

 

 

 

 

 

 

 

Share Button

白和え、どの器でいただきましょうー!?

そら豆とサクランボの白和えをつくりました!

ど・の・う・つ・わ・に・し・よ・う・か・なー? 迷ったあげく、三通りの器に盛り込んで、好みの白和えを選んでいただくことに致しました

器が変わると、同じ白和えでも、ずいぶん表情が違ってきます

おまけに、その日の気分というのは、万人それぞれに異なりますから、たまーに、お揃いではなくそれぞれに異なった器を用意してみるのも一興かもなんです!!!

いかがでしょうー!?

上が粉引なら、もう一皿は青磁です!!

そしてー

三つ目はー

ガラスの小鉢に盛り付けてみました!!(暑くなってきましたから、ちょっぴり涼味も)

サクランボの赤味とそら豆の緑が白いお豆腐のあいなかで、にっこりしています

どうぞ、どうぞ、お好みの器のものをー

いいのかなぁー、私はこれでと選ばれたのは、ガラスの器でした

そして、次には粉引の兜鉢に手が伸び

わたしの手元には、青磁の器が(ちょうど青磁がいいなぁーと思っていました!)

皆様は、三つのうちの中にお好みの白和えがありましたでしょうか・・・?

このほか、白和えはいろいろな器に納まりやすそうです

お料理と器の取り合わせは、面白いですね!

Share Button