器も料理も、作り手の数だけ味わい彩々♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じ丼物でも、おふくろの味、専門店の味、料理上手のおばさんの味・・・など、味の幅は、いろいろ、さまざま。

作り手の数だけ、違う味があるといっても過言ではないでしょう。

さらに、さらに・・・

同じ丼物を誰と食卓を囲むかでも、味って違ってくるように思うのです。

毎日一日二食の方も、朝・昼・晩しっかり召し上がる方も

食は、健康のといいますか命の根源を作る大事なお役目をになっています。

いつもの食事もいいけれど、時に、よそ様の食卓を覗いて、いいなと思う点はちゃっかりいただいて、いつもの食卓に、違う味、違うレシピ、違う食材のレシピをのせてみるというのは、いかがでしょう。

上の写真は、同じ織部なのですが左は、浜田純理さんの織部ですし、右の菓子器は、澤克典さんの織部です。それぞれに味わいも表情も違う妙、これこそ作り手の方が目指していらっしゃる作風というものかと思います。

みなさまの食卓廻りの作風は!?

 

マルコポーロ・プロデュースのFacebook「おいしい食卓ウォッチング!!」では、全国あちこちの食卓、食材、レシピ、体にいいお話をウォッチングさせていただき、いいな、美味しそう~~をシェアさせていただいています。

この他、器に関するおはなしも、ちらほらご紹介中です。

もっともっとあちこちの食卓をウォッチングさせていただきたく思いますし、合わせてご投稿も歓迎しております。

みなさま、どうぞ、こちらまでおでかけください。http://www.facebook.com/tastytable

 

 

 

Share Button

そば猪口って、便利です!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそば猪口という呼び名は、そばつゆを張るためにつけられた呼び名ですが・・・

お蕎麦に限らず、冷やしOOでしたら、おそうめん、冷麦、きしめん、おうどんだって行けそうです。江戸の時代の人が効いたら可笑しがるかもしれませんが、今は、平成の世の中。

そうめん猪口や冷麦猪口などとも呼んでみたくなります。(笑)

そば猪口本来のそばつゆを張るのは、王道ですが

アイスクリームやヨーグルトなどのデザート小鉢にもつかえますし

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょこっと何かを盛り込むこばちにも・・・

プチトマトとかチョコレートとか

木の実

豆類なんていうのもいいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お酒の席では、酒肴をチョンともってお出ししてもいいのでは・・・

つるつるとゆくモズクやジュンサイなどにも向いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

食卓に、花を一輪という折りにも、大活躍。

なんでもちょこちょこ盛り込んだり、生けたりできそうです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

そば猪口って、便利ですね。

お揃いで揃えていただくのも良いのですが、すでに数十年も前から、お気に入りのものを、一つずつコレクションなさる方が多くなっています。

麺好きの方でしたら、あちこち捜し歩かれて、素敵なそば猪口で、すでにつるつるっとなのでしょうけれど・・・

そば猪口は、いつの時代にあっても作り手のとだえることがありません。

次々と新しい趣向のものがつくりだされています。

コレクションに果てのあることがありませんね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話は、ガラリと変わりますが、昔の人は、朝露を硯にとって、短歌や句、手紙をしたためたそうです。

今時、そんな~~の声が上がりそうですが、せめておいしい湧水などを汲みあげて、お蕎麦をゆがき、そばつゆを仕込んで、蕎麦膳をかこむというのは、いかがでしょうか!!??

風流このうえないあそびですね。

あっ、それからもうひとつ、そば猪口は、汲みだし変わりに見立て、お茶をいただくこともできます。

一器多彩。便利ですね。

 

Share Button

土屋由起子さん作、白と黒のうつわ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

唐津の土屋由起子さんから、白唐津と黒唐津の作品が届きました。

お客様から、「何か食べ物が盛り込んである方が、どんなお皿や鉢なのか想像しやすい」とのお声を頂戴しておりましたので、今回から、新着の器には、つたないこちらの料理を盛り込んでご紹介することにいたしました。

六寸ほどの長石釉のお皿と四寸ほどの黒唐津小鉢です。

シンプルかつ使い廻しの利く使いやすいお皿やお鉢に思います。

平らな面から約1.5cmほどの立ち上がりがあり、汁気のある煮物、和え物、蒸し物などにも使えます。

肌は、長石釉の凛としてやわらかみのある白い肌となっています。

一方、黒唐津のお鉢は四寸ほどの大きさ。小鉢として、いろいろ、お使いいただけると思います。

温泉卵でもと考えたのですが、具合よくできませんでしたので、今回は、素のままで。

おもしろいなぁ~~とか、使ってみたいなぁ~~とか思っていただけましたら、どうぞ、代々木上原の店頭の方か、ネットショップへおでかけくださいませ。

なお、ネットショップにおいでの方で、在庫数がご希望の枚数に満たない場合は、ご遠慮なく、問い合わせフォームから、ご希望の内容をお問い合わせくださいませ。

お時間をいただけましたら、ご希望にお応えできる場合も、多々ございます。作家さんの窯やスケジュールのご都合により、お待ちいただく時間や日数に開きがございます。その都度、ご相談いただければと存じております。どうぞお気兼ねなく、お申し付けくださいませ。

土屋由起子さんのうつわは、こちらから。

Share Button