稲葉直人さんの土鍋。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

稲葉直人さんの土鍋が再入荷いたしました。

今回は、皆様のご要望にお応えして、小さめのサイズの土鍋が充実しています。

一度、稲葉さんの土鍋をご利用になった方、お店で手にされた方はすでにお気づきかと思いますが、稲葉さんの土鍋は、軽くて、ふわぁっとしています。

お店で問われる方には、その都度、お話しさせていただいたのですが・・・

稲葉さんの土鍋は、昔から伊賀の山中でとれる木節粘土でつくられています。

この木節粘土は、海水の浸食のない内陸の伊賀で、長い年月をかけ、木が腐って化学変化を起こして出来合った粘土です。

塩分の影響がないぶん熱膨張しても割れにくく、焼成しても硬くなりにくく、ふわぁっとした土味の土鍋に仕上がります。

実は、このふわぁっとした焼肌になるところに、美味しさを生み出す秘密があるんですね。

鍋の内側で、こまやかな熱対流がおき、炊いても、煮ても、美味しいものが出来上がるというあんばい。

稲葉さんは、この昔ながらの木節粘土に愛着を持ち、向こう10年間分は、ストックされるほどの気のいれよう。

この粘土を水変えしつつさらし、菊練して、土鍋用の土にしたてあげ成形され、焼成されます。

木節粘土で作られる土鍋は、堅牢性を追求するがゆえにペタライトという科学的なものを用いた鍋と異なり、とっても軽く、あつかいやすくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 今回も、楽しいデザインの土鍋がそろいました。

一度、ご飯を炊いてみてくださいませ。

ふっくらとしたおいしいごはんが炊き上がることと思います。

稲葉直人さんの土鍋は、こちらから。

お鍋の取り扱いについては、

別ブログ、「器とショールマルコポーロ通信」2009年1月に

お鍋の取り扱いとお手入れ法としてご紹介いたしました。

ご参照いただければ幸いです。

Share Button

澤克典さんの織部四方足付向付は、たのしい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初荷の荷物のほかに、もう少し新作が届きました。

澤克典さんの織部四方足付向付もそのうちのひとつです。

あらら~絵替わりで季節の野山の様子が、リズミカルに描かれています。

戦国の世を生きた古田織部も、ひょうげたカタチの茶碗などを今に残していますが、澤田さんの絵付けも、どこかしらひょうげていて面白い。

この頃では、「ひょうげもの」と題した漫画があるくらいですから、古田織部もずいぶんメジャーな茶人、アートディレクターまたはプロデューサーですね。

その古田織部の面白みに通じる味わいが、この度の向付にはあるように思うのですが、皆様のご感想は、いかがでしょうか!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて、絵替わりのお皿は、五客セットでも、お好みの絵柄だけでも、お求めいただけます。

ネットショップでは、それぞれの絵柄を大きくお見せできませんでしたので、こちらに番号を振ってご紹介いたします。

購入をご希望の方は、お好みの絵柄の番号をどうぞお知らせくださいませ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA①草木、田んぼ、ツバメ、カタツムリ、何かわかりませんがぐるぐるの文様

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA②アメ、草花、十草、田畔、かたつむりの文様でしょうか~

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA③雷、草花、水玉、カタツムリの文様でしょうか~

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA④山路、とうもろこし又はキビ、花、鳥の文様

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA⑤雷、雪又は水玉、ススキ、カタツムリ、鳥の文様

何か、お好みの絵柄がみつかりましたでしょうか!?

平向付と申しましても、六寸の大きさがございますので、焼き物皿や口取りなどにご利用頂きましても、面白いかと思います。

お愉しみくださいませ。

ショップへは、こちらからどうぞ。

www.marcopolo-uehara.com

 

Share Button

新年あけまして、おめでとうございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新しい年があけました。

あけまして、おめでとうございます。

今年は、二月、ソチでの冬季オリンピックに始まり、六月には、ブラジルでのサッカーW杯があり、楽しいプログラムが目白押しです。

これにあと二つ加えさせてください。

震災を受けた北関東、東北地方の槌音の聴こえる復興、とてもささやかなことですが、当マルコポーロが30周年をむかえることがあります。

いずれも、パワーの源は元気であることにあると思いますので、食と器、お洒落とショールの面から微力ながらお手伝いできたらと思います。

創業30周年は、5月12日。

何か、どなたにも楽しい企画をお届けできたらと考えています。

新年明けて早々のお客様は、いつも、ネットショップを愉しみに見ていましたと仰るインド、ボンベイからのお客様でした。(日本語をやや理解なさる方でした)

つづいて、横浜からのお客様、近所の方と続き、とても賑やかな年明けとなりました。

ありがたいことです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA初荷一番乗りは、信楽の稲葉直人さんのお鍋、美濃の浜田純理さんの織部、黒織部でした。

順次、撮影の上、ネットショップにもアップしてまいります。

今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAフェイスブック「おいしい食卓ウォッチング」では、美味しい、楽しい、元気のもとをお届けしています。

楽しい食卓、美味しいレシピ、美味しい食材、お国自慢の料理や食材など、どんどんお知らせくださいませ。

こちらは、和歌山県湯浅町の三宝柑。

ビタミンC、シネフィリンを多く含み、近頃流行の風邪予防にピッタリ。皮が厚く、果肉は少な目、種が多いことからメジャーな柑橘とはなっていないようですが、カボス、こぶみかん、シークァーサー、スダチ、だいだい、柚子などと同じ香酸柑橘類に属し、クエン酸を多く含んでいます。

クエン酸は、酸性に傾いた体をアルカリ性に戻し、疲労回復、血をきれいにしてくれます。

ちょっと体をいたわろうかなというとき、三宝柑などいかがでしょう。

今頃から五月頃までが、旬になるそうです。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

Share Button