天野智恵美さんの青磁の器に出会って~♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

五月のある日、信楽作家市の会場で、ふと目に留まった青磁の器は、どこか14,5世紀の韓国青磁をおもわせるところがあるものの、確実にジャパンテイストが注入され、しっとりとした肌合いの美しい青磁だった。

足はその場で釘付けとなり、作者を追うと、まだ、27歳というはつらつとした女性。

お名前を、天野智恵美さんと仰る。

この折りの旅の目的に、新しい青磁の作家さんを探すことがあり、まさか、この地で青磁の器に出会うとは、思ってもいなかったことで、こちらとしては偶然とはいえ、その出会いに感謝した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA作家さん探しの森の中で、どこからかかぐわしい香りのする、深山蓮華に出会ったような嬉しさと言ったらよいのだろうか、姿、カタチも整い、青磁の発色も良く、貫入の入り具合も申し分のない作品だった。

しかもお若いのに、京都伝統工芸専門学校(現・京都伝統工芸大学校)を卒業し、一年間ほど波佐見の窯元で絵付け師として勤務した以外は、すべて独学なのだそうだ。

師弟関係もなく、一人独立独歩の道を歩いてきたという。

アルバイトをしながら生計を立て、朝早くからバイトに向かうまでの時間を制作の時間に当てる。

何を作れば、使って下さる方に喜ばれ、どんな技術で勝負すれば、世の中にみとめていただけるのか・・・あれこれまよいつつ制作し

グループ展、クラフトフェアなど、作品を見ていただける場があれば、積極的に参加する。

そして、昨年の信楽作家市から、バイトを辞め、作家一筋の生活に入られる。

工房は、シェア・アトリエだが、考え、作り、見ていただく生活は、たいへんですけど結構楽しい日々ですという。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、今年3月 益子で開催された「陶ISM2014コンペティション」にて一位。

4月には 京都・東山山麓の日吉で開催された「日吉開窯100周年記念コンペティション」にてグランプリを受賞という快挙がつづく。(彩黒色化粧にて)

今、天野智恵美さんは、新進作陶家として、ヒットを放ったという地点にいらっしゃる。

これからがまだまだ山あり谷ありだと思いますが、一つ一つ、楽しみながらがんばってゆきたいと仰います。

残念なことに、グランプリ受賞対象作となった彩黒色化粧の作品は少なく、今回ご紹介できませんが、秋風が吹くころには、何か、お見せできることとおもいます。

今回は、青磁作品の中から、日々の暮らしのなかで使いやすいものをご紹介いたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAお鉢です。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA小鉢です。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA小付です。

この他、カップやお皿なども追々ご紹介できると思います。

青磁の器は、夏の暑さ凌ぎに重宝致しますが、器の中でも格は高く、新年から一年を通して、いろいろなシーンでお使いいただけるうつわです。

ついこの間、東京へおいでた折りに、天野さんがお店に寄ってくださいました。

その時の天野智恵美さんです~~!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

陶刻が愛らしいので、ご紹介しておきますね。

天野智恵美さんのうつわは、こちらから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

Share Button

サクランボとガラスの器♡

OLYMPUS DIGITAL CAMERAサクランボが出回ってくると

食器棚から、ガラスの器を取り出す方、多いのではないでしょうか。

ガラスの器の使い初めは、時期的に、ちょうどサクランボと重なるようです。

いえいえ、我が家は、冷やし中華をいただきたくなる頃ですよとか

やっぱり、おそうめんをつるつるっとゆきたくなる頃かな

我が家は、パスタを冷たくして頂きたくなる季節です。

何といっても冷たいデザート、くずきり、ところてん、豆かん、かき氷でしょ!!と仰るむきも。

 

ご家庭によってガラスの器が恋しくなる時期やきっかけはまちまちのようです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

物理的な側面からですと、夏日が続いて訪れる頃、ガラスの器を探しにお店にお出かけになるお客様が、うんと増してきます。

涼しく、涼しく、暑い夏を乗り切るために、ガラスのうつわは欠かせません。

さて、今年も各種さまざまなガラスの器が出そろいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAどうぞ、こちらからチェックしてみてくださいね。

http://www.marcopolo-uehara.com/shop/

 

 

きょうの一口メモ♡

サクランボ摘みを愉しむ季節は、これから。

6月中旬から7月下旬ころまで、関東、東北、北海道などでサクランボ摘みをたのしめます。ネットで検索してみてくださいね。

サクランボには、多くのビタミンやミネラルが含まれています。

中でもカリウムは、腎臓病や高血圧の予防にばっちりですし~~

サクランボの赤い色素を創り出すアントシアニンやフラボノイドなどは、抗酸化作用があり、眼精疲労にはもってこい。パソコンで目が疲れたなと思ったら、サクランボをお口に。サクランボのほかには、ブルーベリー、ボイセンベリー、ブラックベリー、ローゼルなども同様の効能を期待できますよ。

Share Button

おかげさまで30周年。ありがとうの10%ポイント還元中!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本日、5月12日で、マルコポーロはオギャーと産声をあげてから

30歳の誕生日を迎えることができました。

これもひとえにお店やネットショップをのぞいてくださるみなさま、お出かけにならなくとも、陰になり日向となって後押しをしてくださる皆様のおかげと、嬉しく、ありがたく、感謝申し上げます。

今日5月12日から5月31日まで

マルコポーロでは、30周年記念セールを実施させていただきます。

ネットショップでは、会員登録をしてくださった方に、従来でしたら3%ポイント還元のところ、期間中は、全商品10%ポイント還元とさせていただきます。

また、店頭におでかけくださった方には

全商品現在価格より、10%OFFにてお買い上げいただけます。

ささやかなお礼返しでございますが、ちょっぴりおトクなこの期間のお買物をお楽しみいただければ幸いです。

みなさま、いつもありがとうございます。

 

 

Share Button

ガラス作家・谷道和博さんを訪ねて~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝は小鳥のさえずりで目が覚めるんですョ、と仰るガラス作家・谷道和博さんの工房は、千葉県香取郡小見川町にあった。

辺りは静寂として、作品を創り出す地として、絶好の環境である。

シンプルかつ洗練されたフォルム、使いやすさに注目し、ぞっこんだった当方としては、ようやくの思いの訪問である。

伺いたくても、なかなかうかがえなくて~~ああ~~ようやくたどり着けました。

何とまぁ~会いたくともなかなか会えなかった恋人に会うようなこころもち。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAご自宅に併設して工房があり

その工房に並ぶように

谷道和博さんの作品を展示した展示棚がいくつも並ぶ

一つ一つ、見せていただくのだが、どれもこれもが洗練された温かな魅力を持って、こちらに微笑みかけてくる。

フォルムはとてもシンプルなのですが、光にかざしてみると細やかなところに、谷道さんのガラスに寄せる情熱と技術を感じ取ることができ

使ってみると、さりげなく使いやすいという作品群。

 

谷道さんは、都立工芸高校デザイン科を卒業ののち

各務クリスタル製作所に入社、吹きガラスをはじめていらっしゃいます。

31歳で横浜にガラス工房を築き、作家活動をスタート(これから38歳まで、各務クリスタルに勤めながらの作家活動となる)

35歳、赤坂「乾ギャラリー」にて初個展、のち個展、グループ展多数

38歳、各務クリスタルを退社、フリーランスにて作家活動に専念

41歳、現在地に工房、住居を移し、創作活動に専念、今年で25,年になるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「陶芸などに比べガラスはまだまだ生活の隅々にまで行き渡って使っていただくようには、なっていないのですね」

「僕の仕事は、少しでも多くのシーンでガラスの器を使っていただけるようにすること、生きがいと言ったらいいのかな」と、仰います。

なるほど、こちらも、しっかりお伝えしなくてはですね~~

さて、ガラス作品が出来上がるまで、どんなご苦心があるのかうかがいますと

「一つ一つ丁寧に、今もっている技術をむらなくゆきわたらせること」ということでした。

本当は、これが一番難しい~~!

素材は、よくあるソーダガラスですョ!炉に素材を投入し1400度まで上げ、ソーダガラスをむらなく溶解させ、吹きサオの先にガラスを巻き取って、吹きつつサオを回す遠心力で成形、台の上でカタチを整える(作品によって、吹く、台でカタチを整えるの作業が、何度も繰り返される)

器の底にもう一本のサオ(ポンテ)をつける(足、玉、台の成形)。水をつけ、サオを軽くたたくと吹きサオから器が離れる。ポンテサオに付いた部分は、バーナーで焼きつつ、カタチを整える。除冷室に器を移し、常温まで徐々に冷ます。最後に、検品をして、ガラスの器の完成となる。

調合、溶解、成形、徐冷、検品といったプロセス~

この日は、これから火を入れるところという日でしたので、実際に宙吹きをなさっているシーンは、おさえられませんでした。

谷道さんの作業環境、道具などを写真でご紹介しておくことにいたしますね。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お店に戻り、ディスプレイを終え、ほっとしていましたら~~

ディスプレイを終えたその日から、一つ、二つ、三つと、お客様のもとへお嫁入り。

谷道さんが仰っていたガラスの器を使っていただけるシーンが

少しずつ、広がってゆきそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

Share Button