山田想さんの青の急須と青の酒器

長い間、お待たせいたしました。

常滑の急須の名手・山田想さんの急須や酒器がようよう入荷致しました。

今回は、青の急須のほか、常滑特有の上質な土を用いて作られた常滑急須、前回に続く青の酒器などをご覧いただけます。

お茶好きの方やお煎茶手前のお稽古をなさっていらっしゃる方には、ぜひともご高覧頂きたい作品群となっています。

おいしいお茶をいただく必須条件をご存じでしょうか。

先ずは茶葉の選択。そして、大事な道具選び。最後に、お茶を愉しむ気持ちでしょうか。

山田想さんの急須のカタチは、お茶を美味しく淹れるために~~

全体のデザイン設計は、お茶をこころからたのしむために~~

作られているように思います。

手に取って、持ちやすく、淹れやすく、水切れも良く、心からお茶を愉しめるようにできています。

一つ一つの作品については、こちらにご紹介いたしました。ご覧になってくださいね。

「緑茶は健康なからだづくりにとてもいい飲み物です!!」ということを日本をはじめアメリカの医学界が声高々にいうようになってきました。喜ばしい臨床結果が次々にあがっているのだそうです。

緑茶を一日に五杯が目安。毎日飲み続けると、緑茶の持つ成分、ポリフェノール、カテキン、タンニン、ビタミンなどが血流を良くし、免疫力や殺菌作用を高め、様々な相乗効果があいまって動脈硬化・脳卒中予防、肥満防止、ボケ防止、ガンの予防、風邪予防など、健康な体作りの一役を担ってくれるのだそうです。

やっぱり、日本のお茶は凄かった!おいしくいただきたいものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山田想作青の急須と青の酒器。

Share Button

紫陽花が咲くころのうつわ*土屋由起子さんの唐津、天野智恵美さんの青磁に谷道和博さんのガラスをプラスして~~

雨に咲く紫陽花の花は、楚々として涼やかです。

シトシト、ジメジメしがちな梅雨の季節の清涼感とでもいったらよいのでしょうか。

眼に、気持ちのよい景色です。

その爽やかさを、食卓に実現できそうなうつわが相次いで届きました。

土屋由起子さんの白唐津、黒唐津、天野智恵美さんの青磁です。

谷道和博さんのガラスのうつわをプラスして、少しだけでも涼味のあるしつらいを。

暑さで減退しがちな食欲を、うつわの面から応援したいものです。

この他、シャープな器、寒色系のシンプルな器、タイトでしっとり奥行きのある器、水や氷と相性のいい器、涼味を誘う形(舟形のもの、団扇の形をしたものなど)や絵付けの器、竹や白木などでできた器なども、涼味の演出をしっかり後押ししてくれます。

お好みのしつらいで、どうぞムシムシする夏を乗り切ってくださいませ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土屋由起子さんの白唐津、黒唐津、天野智恵美さんの青磁

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青磁と黒唐津の組み合わせ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

土屋由起子さんの唐津、天野智恵美さんの青磁に谷道和博さんのガラスが加わると、ちょっと涼やかに。

Share Button

ライフスタイルにそって使い方いろいろ♡そば猪口の愉しみ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ムシムシする日は、つるつるっとゆきたくなります。

日ごとに暑くなってまいりました。

夏本番を迎える前に、今日はそば猪口のお話です。

そば猪口の歴史をひも解いてみますと、そば猪口が作られ始めたのは、1670年代からなのだそうです。それも、最初は、古伊万里。

当時は、そば猪口と呼ばず、料理を入れる向付として作られていました。

そのため、現在の逆台形型のシンプルなカタチではなく、やや朝顔型のはんなりしたものが多かったようです。

そのうちに市井で麺類が普及し、麺のつゆを入れる器に当時の向付が丁度いいということで、庶民の麺つゆのうつわとして使われるようになります。

口径と高台はやや小ぶりにすぼまり、ますますもってカタチは現在のそば猪口に近づいてゆき、明治の声を聞くようになって、ようやく「そば猪口」と呼ばれるようになります。

現在のわたくしたちから見れば、先にそば猪口ありきのように思えますが、そば猪口と呼ばれるようになったのは近代に入ってから。

さて、そのそば猪口、もともとの使われ方も含め、麺つゆ入れのほか多種彩々の使いみちがあります。

どうぞ、皆様のライフスタイルにそって、お好みのそば猪口の使い道をお楽しみいただければとおもいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

基本の、めんつゆいれとして。

湯呑み、酒飲み、コーヒーなどの飲み物のうつわとして。

ヨーグルト、アイスクリーム、ところてん、豆かんなどのデザート用として。

和え物など小鉢物の料理のうつわとして。

冷やし茶碗蒸しにも、いいですね。

こうしてみますと、そば猪口の使い道はどっさりです。

次の世代の人々は、「そば猪口」のことを「マルチ猪口」とか「万能猪口」と銘々し、呼ぶようになっているかもしれませんね。

みなさまのお気に召すままの、そば猪口なのかもしれません。

お楽しみください~~!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Share Button