うつわ豆知識*陶器と磁器の違いは?

うつわ豆知識
お気に入りのうつわに料理を盛り付けるだけで、いつもの食卓が楽しくなったり

美味しい食卓になってみたり

うつわと料理の間柄って、不思議です!

響きあい、支えあって、その日の一皿となるのですから

うつわ豆知識では、毎日使う器のことに、ちょっと気持ちを止めてみようと思います

 

陶器と磁器の違いはどう違うのでしょう?という質問をよくいただきます

陶器の原料は土で、磁器は細かく砕いた陶石を原料といたします

大まかに区別しますと、陶器の土は磁器にくらべ荒目です

成形し焼成いたしますと、陶器はぽってり質感を持った焼き上がりとなりますし

磁器はつるっとタイトな表情を持つ仕上がりとなります

このほか用いる土、釉薬、焼成方法により、陶器も磁器も、各種各様の景色をみせるようになります

面白いですね!

焼き物の産地、窯の形状、うつわをつくる作家さん、職人さんによって

作風が千人十色というのは、そんなところから発しています

 

陶器
土ものと呼ばれ、土が原料となるもの
柔らかく、温かみのある質感をもちます
釉をかけて焼成することで、表面はなめらかになり
使うほどに、それぞれの味わいが出てきます
うつわの形、窯変、景色を楽しみます

 

磁器
細かく砕いた陶石が原料のため、石ものと呼ばれる
透明感のあるつるっとした質感と硬質な手触りが特徴
吸水性がなく、陶器に比べ比較的丈夫なため
チップしたり欠けたりしにくい
形や絵付けを楽しむうつわといえそうです。

 

洋食器がCM(センチメートル)で表すのに対し。和食器のサイズ表記は、寸(スン)でサイズを表します。

1寸は、3,03CM(1尺の10分の1)、大皿は9寸以上、中皿は6~8寸、取り皿は5寸前後、小皿は4寸前後、それ以下は豆皿となります。

1寸は約3CM、1尺は約30cmと覚えておくと便利です。

 

 

Share Button