おいしいお茶を美味しく淹れる急須をさがして~~!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お茶好きの方が気を揉まれることといえば、お茶が美味しくはいるよう

その道具選びに慎重にならざるをえないということでしょうか。

おいしいお茶を美味しく淹れるための道具探し~~そのお題目をこころにとなえながら(笑)

茶器の産地、常滑に行ってまいりました。

暑い盛りの八月のことでしたが、海が近いからか思いのほか楽しく急須行脚を続け

いい急須にもたくさん出会うことができました。

常滑の急須は、鎌倉時代からとも、江戸時代からともいわれています。

名工と言われる方、作家さん、職人さん方がつくられる急須をいろいろ選ばせて頂いて持ち帰りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA急須作りのご苦心について、お話を伺ってみますと~~

急須のカタチは、ヴァイオリンの胴が音を反響する目的で作られているように、茶葉の香りを醸し出す胴のカタチをとっているのでした。

醸し出したお茶を注ぎ口から茶器に注ぐ注ぎ口は、切れがいいように。

茶こし部分は、茶葉の種類によって使い分けてほしいと仰るほど、ささめ、セラメッシュ、すっきり茶こしなど、様々な工夫が施されているのでした。

全体的に、常滑の急須は薄びきで軽く、持ち手は握りやすくできています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA口の広い急須は、茶葉を入れやすく、捨てやすく、洗いやすくなっています。普段のお茶にぴったりです。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA茶こし部分の穴を裏側から一刺し一刺し明けたすっきり茶こしの穴は、茶湯の通る入口が狭く、出口が広くなっています。

結果、茶殻の目詰まりがしにくくなり、すっきり茶こしとなっています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA注ぎ口の水キレもよく~~

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA持ち手は、さあ、お茶を淹れてくださいと言わんばかり、ご愛嬌のカタチです~~

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お好みの茶器を組み合わせて~~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

急須の大きさによっては、ぐい飲みなどと合わせても良く~~

おいしいお茶を美味しくいただくための工夫は、いかようにも。

あわただしい日常を離れ、しばし、美味しいお茶をお楽しみください。

うつわ選びのお手伝いをさせていただけたらとおもっています。

 

 

Share Button