漆器の取り扱いについて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

良くいただくご質問の中に、漆器をどう取り扱ったらよいのでしょう~~というご質問があります。

漆器の取り扱いは面倒でたいへん~~!とお考えになっていらっしゃる方がとても多いようで、何時も、いえいえ、そんなに面倒ではなく、ちゃんと扱っていただけたら、丈夫で、体にもいい器(漆には、殺菌効果があります)なんですよ!と、申しあげています。

とても簡単ですから、これを機会に、漆器と仲良く折り合いをつけていただけたらと思います。

取扱いの基本になる事柄に、漆も木も自然のなかにあったもので、品物になってからも自然にあった時のように生き続けているということがあります。

どちらも高温、高冷に弱く、常温をこのみます。

また、強い衝撃に弱く、柔らかいタッチをこのみます。

こうした事柄を頭の中に入れておいていただくと、ふと迷った時に安全なお手入れ法を思い出すことができます。

取扱いその①漆器を洗うときは、柔らかな布またはスポンジを用いる(タワシや金タワシなどの堅いものを用いると、漆にキズがつきやすくなります。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

洗うときは、やわらかいもので~~!

 

取扱いその②漆器を洗うときは、ぬるま湯を用いて洗います(といいましても、近頃の水道水は、よほどの地域でない限り常温に近い水を利用できます。高温、冷温でない限り、水道水で洗っていただければ、汚れは十分に落ちます。それでも落ちにくい油汚れなどには、中性洗剤をご利用くださいね。

取扱いその③漆器は使い終わったら、漬け置かないでスグに洗うようにします(漆も木も、生き物です。漬け置くうちに温度の急変、素材の伸縮などが起き、痛みのもととなります。使い終わった時が、洗い時とおぼえておいてくださいね)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

漬け置きは、厳禁です~~

 

 

取扱いその④洗い終わったら、柔らかい布で早めに拭き取ります(早め早めに拭き取っていただいた方が、湯膜をのこすことなく、きれいにふきとれます)

取扱いその⑤普段使いの漆器は、そのまま重ねて収納。お客使いのいい漆器は、柔らかな紙、使い古しの和手ぬぐいなどにくるんで、紙箱または木箱に入れ収納(重ねる場合は漆器のみとしてくださいね。焼き物の器は、表面が堅く、がさがさしていますのでキズのもととなります。また、箱に入れて収納する場合は、なるべく、下の方の風通しのいい場所に収納してください。近頃の家屋は、気密性に富み、上の方に行くほど高温・乾燥となります。漆も木も、常温をこのみます)

取扱いその⑥漆の臭いが気になる場合は、薄目の酢水で洗うか、日陰の風通しの良いところに一週間くらい置きますと、臭いが気にならなくなってきます。お試しください。

最後に、大事なことを一つ。

決して、食洗機、食器乾燥機、電子レンジ、冷蔵庫でのご使用は、お避け下さいね。いずれも、高温ないしは冷温にて、漆や木のいのちをそこなってしまいます。

汁ものや揚げ物、煮物などを盛り込む時は、80℃度以下が、理想です。火を止め、しばらく置いてから漆の器に盛り込んでください。沸騰したてのままですと、漆の表面に被膜ができ、跡にのこすもととなります。

なぁ~んだというくらい簡単ですね。漆や木を想うときは、肌のことを考えてみてください。意外にお手入れ法が一致いたします~~!

 

Share Button