和食器の愉しみ♡散らし寿司編


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お雛まつり、送別・歓迎会、お花見など、何かと人の集まりの多い季節です。

お誘いしたり、誘われたり、気の合う仲間や友人と会食を愉しむシーンが多くみられます。

やっぱり、定番は、散らし寿司でしょうか~~!

大皿、大鉢、お取皿、お小鉢、グラスなどを用意して、出来上がったお料理をシェアしながらのワイワイ乾杯~~!というスタイルが手っ取り早く今風なのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それとも、お一人お一人お膳を用意して、おもてなし気分をうつわ組みで表現するとか~~

愉しみ方は、いろいろです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

和食器の愉しみって、なんでしょう~~

それは、持ち駒(食器棚にある器)と料理、複数のお皿やお鉢とのコーディネートにあるのではないでしょうか。

お気に入りのお皿、お鉢をそろえてゆく楽しみもありますが、つまるところは、持ち駒となった器の中から、今日の料理をおいしそうに引き立ててくれるうつわを選択、ほかのお料理を盛り込んだ器とのバランスをととのえることに、絵も言えない愉しみがあるのではないかと思います。

お洒落をコーディネートするように、お着物のつま先から頭までを整えるように、器、料理、食卓のしつらいをたのしみたいものです。

最後の最後に、「おいしかったぁ~~」の一言が聞けたら、これほどうれしいことはありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA散らし寿司を、てまり寿司にしたときは

有光武元さんの色絵蛤向付をえらんでみたり~~

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA鮭のマリネには、ちょっと華やかな

山近てるみさんの染付牡丹唐草紋のお皿をあわせてみたり~~

お愉しみの一皿が、つながってゆきます。

散らし寿司を盛り込んだお皿は、同じく山近てるみさんの染付帯小紋尺皿になっています~~。

みなさまは、次の会食に、どんな料理とどんな器組みをお考えでしょうか。

 

 

Share Button