平松祐子さんの白釉マット六寸多用鉢って、いいね、いいね、の声。


においって、なんでしょう~。

深夜2時ごろ、どこからかメレンゲを作る匂いが漂ってきて、鼻孔をくすぐった。

真夜中のプリン!?こんな時間に、どうしたことでしょう!?

有名なお菓子やさんが近くにあるが、ここから歩いて五六分はかかる距離。いくらなんでもそこからのにおいとは思えない。

何か、故あってこんな時間にメレンゲをつくることになったのでしょう。

想像するおもいはひろがるばかりでしたが、今日の本題は、うつわのはなし。

平松祐子さンの白釉マット多用鉢が、とても使いやすい」というお声をいただくものですから、ここ数日、こちらもあれこれと使ってみました。

まず、手触りがいい。つるっとして、まるで白い大きな卵をさわっているようだ。

じっと眺めていると、シンプルなのに、なまめかしい色香もかんじてくる。

手軽なところで、シリアルの朝ごはん。夜は、お浸しも盛り込んでみる。

そして、ざっくり作った白菜と人参のサラダ。

この調子で行くと、スープも、パスタも、ヌードルも、カレーだって、丼物も、チャーハンもいけそうです。

煮物や和え物、お菓子だって、フルーツだって大丈夫そうです。

な~んだ、本当になんでも行ける多用鉢だから、みなさん、いいね、いいねとおっしゃるのかなと得心でき、良かった、「名は、体を表すのうつわ」だということになった。

未だ、ご覧になっていらっしゃらない方、ぜひ一度、手に取ってご賞味ください。

手触りがとてもいいんです。癖になりそうなほどに。

この心地よい手触りの秘密は、平松祐子さんが最後の仕上げとして、一つ一つのうつわに自らの手でウォーター、サンドをかけていらっしゃるから。このひと手間が、とてもありがたいものになっているような気がします。

 

 

 

Share Button