使いまわしの効く柳川謙治さんの青白磁陽刻六寸鉢、八寸鉢。


弥生三月となりました。

朝の光はやわらいで、気温も少しずつ上昇しはじめました。

日増しに過ごしやすくなってまいりますね。

晴天が続きますと、お付き合いをいただいている作家さん方の仕事もはかどるようで、春の窯の新作が届いています。

今日は、柳川謙治さんの青白磁の六寸鉢、八寸鉢のお話です。(このほか青白磁シノギと面取りの多用丼も一緒に窯出しなっています)

左が八寸鉢で、右側のお鉢が六寸鉢です。

どちらもちょっとエレガントで使いまわしの効くマルチプレイヤー的なところがあります。

通常は、盛り込み鉢として毎日のお惣菜をお好みで盛り込んでいただいてよいのですが、菓子鉢、フルーツ鉢としてご利用いただいてもオーケーです。

そして、トップの写真にあるように、銘々のお鉢としてお寿司だったり、バスタだったり、カレーだったりをいただくお鉢としてお考えいただいても。

チョットうれしくなりますね。一器多用なお鉢ですから。

三月、四月は新生活スタートの時期でもあります。こんなお鉢が一つあれば、色々なお惣菜をとりあえず楽しめるというわけです。

新生活をスタートさせる方、あるいは送り出す側にいらっしゃる方に一度お試しいただきたいうつわです。

また、新生活スタートに当たって、とりあえずそろえておきたい最小単位の道具組みを以前にご紹介したことがございますので、そちらもご参照頂ければと思います。こちらから。

💛うつわ一口メモ。陽刻とは?

陽刻という技法はうつわの地肌より突起して描かれる文様のことをさします。これに相対して陰刻という技法もあり、こちらはうつわの地肌を掘ることによって作り出される文様のことをさします。

この写真では、陽刻よって唐草文様がお鉢の肌に創出しています。

陽刻、陰刻の技法は、中国、韓国で盛んに利用されていますョ。

 

Share Button