秋の作家もの和食器は、山近てるみさんの染付から。

 

ついこの間までの暑さが不思議なほど、涼しい風のそよぐ代々木上原店です。

みなさま、長い間のご無沙汰をお許しくださいませ。

足の調子も少しずつ快方に向かっておりますので、また、元気よくあちらこちらへ動き回りたいと思っております。

さて、秋の作家もの和食器第一弾は、九谷の山近てるみさんの染付が入荷しております。

お鉢、お皿、マグカップが中心。この他、酒器、そば猪口、御飯茶碗など。

山近てるみさんの呉須の発色は、深く冴え冴えとして、だみ筆、線描きによる絵付けをいきいきとさせています。

いつもどうりの丁寧な仕事ぶりには、頭が下がります。この暑さの中の絵付け作業でしたでしょうからなおさらのことです。

お近くにお出かけの折り、お立ち寄りください。山近さんの夏の仕事の成果をご覧いただければ幸いです。

お待ち申し上げております。

染付祥瑞七寸皿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染付各種マグカップ

Share Button