夏といえば、ガラスものを、ひとつ。久都間美砂子さんの作品から。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA暑くなってきました。

食卓に、ちょっぴり涼味をプラスするアイテムに、ガラスのうつわがあります。

ちょうど久都間美砂子さんの作品が届きました。

 

氷をカラコロコロ~ン♪

ついでに、竹製のすだれをマットにして、ハーブを浮かべてみました。

なんとなく涼しくなってきませんか!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ローゼル酒の赤も、涼しげです。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ミネラルウォーターにレモン汁をしぼって

ミントの葉っぱをひとひら

清涼感がさらにアップしたもよう~~

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ガラスものの中には、巴技法を用いた銀彩ハート型小鉢もあります。

なかよしほっこりマークが二つ並んだような趣のハートの小鉢。

お店に並ぶまでに、どれほどのプロセスを踏んできたのでしょう。

作品のデザインを決め、材料をそろえ

いざ、作品作りに入る作業場には、ガラスを溶かすための熱く燃える溶鉱炉があります。

とりわけ、夏の作業場は、戦場といってもよいでしょう。

熱しゃの中で、ガラスを溶かし、宙吹きしながらカタチを成形し、又溶かし成形しを繰り返しながら作家さんのイメージする作品が創り出されてゆきます。

今回の巴技法とは、ガラスとガラスの間に銀箔をサンドし、銀箔の窯変の面白みを表現したものだそうです。

器の見込みあたりに、銀箔を使われたのに、ゴールドに輝く小宇宙が表出していませんでしょうか!?面白いですね。

どれだけの汗が流れ、どれほどの水分補給をなさったのでしょう。

気が遠くなりそうですが、一つの作品が仕上がるプロセスを知っておくと、大切に、大切に扱いたくなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ところてんを、つるるるる~ん。

少し、汗が引いてきたようです。

夏バテが続き、食欲が落ちてきた時の口取りにいかがでしょう~~

アイスクリームやヨーグルト、くずきりや蜜まめ

胡瓜もみや白和え・・・

いろいろに楽しめそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

ただいま店頭でもネットショップでもご紹介中です。

久都間美砂子さんのうつわは、こちらからどうぞ。

お出かけくださいませ。

 

 

Share Button