一点、一点釉調を愉しみたい根本幸一さんのうつわ

お待たせいたしました。

根本幸一さんのうつわ、お鉢類、お皿類、カップ、サラダボールなどいろいろ入荷いたしました。

一昨年にご紹介してからこれまで、あちらこちらからお問い合わせをいただき、嬉しい悲鳴を上げておりました。

ここ数か月間、お店までお出かけいただきましても在庫はなくなにもご紹介出来ず、申し訳ない思いを重ねておりました。

根本幸一さんご自身も、お休み返上でご作陶くださったお蔭の入荷でございます。どうぞお許しいただいて、出来立てのうつわをお楽しみくださいませ。

さて、根本幸一さんの作品につきましては、何回かブログでご紹介いたしました。下地に結晶釉を用い、上掛けに二通りの釉を掛け、それぞれに異なる釉調を導き出すところに、根本さんならではの真骨頂があります。

この技法は、天目茶碗の摩訶不思議さから導き出されたものですが、根本さんファンの方々には、すっかりおなじみのアナウンスになっているやもしれません。

カタチはシンプルでスタイリッシュ。固定した使い方ではなく、マルチプルにご利用頂けるカタチとなっています。

これまでの青白釉のほか、今回は、青黒釉も加わっております。

表情は、シルバーブラックに近いのですが、光りの当たり具合い、水分の含み具合いによって、その奥に青みを感じ取ることが出来ます。

青白釉のもの、青黒釉のもの、いずれも様々なお料理を盛り込んでいただいても、大丈夫な懐の深さです。

サイズもいろいろ揃いました。

どうぞ、あなただけの、オンリーワンの釉調のうつわをおたのしみくださいませ。

根本幸一さんのうつわは、こちらから。

 

 

Share Button

根本幸一さんのうつわに見る窯変のおもしろみ。

暦の上では、もう初夏。

青葉の美しい季節となりました。

気持ちも体ものびやかになり、少し、行動的になってくる頃合いでしょうか。

長らくお待ちいただきました根本幸一さんの窯出しです。

今回の作品は、いつもと変わらず結晶釉と青白釉の三種の釉を駆使してつくられていますが、どこかしら、青葉の季節いろをしている風があります~~。

いつものアイボリータッチのイメージを失わずに、スモーキーなブルー、浅黄色、ガラス質の彩度のあるグリーン、いい塩梅に窯変してもたらされる禾の目のおもしろさ。

それぞれの面白さが統合して、一碗の景色を作り、それぞれが、それぞれの表情をもっています。

面白いですね。一つとして同じもののないたのしさ。

ここには、結晶釉と青白釉の円舞があるようです。

ネットショップのお客様には、そのすべてをお目にかけることはかなわない(その代わり、こちらで責任をもっておすすめのものをお送りしておりますので、ご安心くださいませ。また、ご要望がございましたら、お問い合わせフォームからお知らせください)のですが、ご都合のつく方は、どうぞお出かけくださって、一つ一つ異なる面白みをお楽しみいただければと思います。

少しだけ写真にて、ご紹介しておきますね。

また、根本幸一さんのうつわは、こちらからどうぞ。

Share Button

根本幸一さんの青白釉大鉢/会員登録のおすすめ。

暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

夏のセールが終了してこちら、次々と作家さん方の新作が入荷しております。

そのトップバッターは、根本幸一さんです。

かねてから皆様のご要望の多かったたっぷりサイズの大鉢が届きました。

サラダにも、煮物鉢にも、ガスパッチョやビシソワーズなどの冷たいスープなどにもご利用いただけるたのしさです。

まったく違った使い方として、剣山を用いた水盤なども。

面白く多用に使えそうな大鉢です。

カタチはシンプル。結晶釉をもちいた釉の窯変は、禾の目のような尾を引きながら優美です。

また、もうひといろ違ったデザインの大鉢も入荷しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お好みに合いますか、どうかチェックしてみてくださいませ。

根本幸一さんの作品は、こちらから。

 

♡会員登録のおすすめ

ネットショップをご利用くださる方が少しずつ増えてゆくのはうれしいのですが、せっかくのポイント・プレゼント・セールでも、会員登録をなさらず、ほんのちょっとの送料サービス、代引き手数料のサービスしかお受けにならない方がいらっしゃいます。

会員登録をなさいますと、初回は500ポイントをプレゼント。通常は、お買い上げ額の3%のポイントが付きます。これが、今回の夏のセールでは、お買い上げ額の15%のポイントがついたのでした。

会員登録時にご記入いただくお客様情報は、ポイント精算管理用として使用されるものとなっています。(SSL導入済み)

今回は、期間限定サプライズ・セールを導入し、すべての方々に対応する商品限定値引きサービスをプラスさせていただきました。(あまりにも会員登録をなさらない方が多いので)

差し障りがなければ、会員登録をお済ませになり、年に数回ありますポイント・サービス・セールのおトクさをご利用いただければと存じます。

みなさまのご感想は、いかがでしょうか。

 

 

Share Button

釉薬の妙手をめざす常陸太田市・根本幸一さんのうつわ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

根本幸一さんの創り出すうつわは、すべて結晶釉、基本となる釉、景色を創る釉と三種類の釉が用いられる。

根本幸一さんの創り出すうつわには、一つとして同じものがない。

用いる釉は同じでも、微妙に一つ一つの窯変が異なり、おもしろい表情の釉調をかなでている。

その違うさまを愉しみたいうつわだ。

成形は、すべて手ろくろで行われ、釉は異なる三種の釉を用いて作陶される。

目指すところは、禾目天目のような釉調にあるそうで、いちばん最初に結晶釉、次いで二番目に基本となる釉、三番目の釉は、描いたイメージにより霧吹きで噴霧するか、筆を用いて最後の一色を投じるといった塩梅だ。

三種類の釉を駆使するだけに、一色掛けのものより手掛けの按配で、窯変はそれぞれに異なってくる。

それぞれの釉が窯の中で溶けあい、混ざり合い一つ一つ、異なる小宇宙をつくりだす。

時には、浅葱色に輝く湖水のようであったり

暮れなずむ夕景であったり

北欧の国に迷い込んだかのようなオーロラの景であったり

雪解けの頃の湖水だったり~~

そのうち、空を染めるうつくしい夕景にも出会えるのかもしれません。

たのしいですね。

つい数年前までは映像作家をこころざしていらっしゃったというキャリアの持ち主。

なるほど、釉薬とフォルムにこだわり、独自の用の美を創り出したいとおっしゃるのも、うなづけます。

陶芸家としてのキャリアは浅いとはいえ、二年連続で日本クラフト展に入選されるなど、これからが楽しみな作家さんです。

ただ今、代々木上原店でもネットショップでも、ご紹介中です。

どのうつわも、あれこれ使い廻しの利く器に仕上がっていると思います。

よろしかったら、お試しくださいませ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三通りの釉薬を用いて創り出される、釉薬の小宇宙。

Share Button