伊賀の鍋作家・稲葉直人さんの手の仕事。

みなさま、その後、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

久しぶりのブログ更新は、土鍋作家・稲葉直人さんのデザイン・ワーク、釉薬づかいのおはなし。

稲葉直人さんの土鍋に出会って、かれこれ10年を超えますが、初めに目に飛び込んできたのは、鉄釉と松灰釉をひしゃく掛けしたもの、わら灰釉の下地に紅彩を一筆書きしたもの、その斬新なデザイン・ワークにありました。

それまで土鍋といいますと、鉄釉、飴釉、灰釉、赤絵、染付、織部、三島、伊羅保などでつくられたものが王道でした。

長い間、こうした土鍋が作られ続けてきたことにはしっかりとした理由があり、その理由は、土鍋の堅牢性を高めるため、高い焼成温度で焼成しやすいものということが大きなポイントとなっていました。

焼成融点のことなる釉薬を多用することは、一種のタブーだったといってもいいのかもしれません。

そこに気魂のこもった釉薬を多用した柄杓がけと一筆書きでしたから、しばし、目を奪われ、ああ、ぎりぎりのところで勝負してらっしゃる作家さんなんだなと、深く心に留めいつかはこの作家さんのもとへと感じ入ったことでした。

そして二年後だったかと思います。伊賀の地に稲葉直人さんを訪ね、それからのお付き合いになるのですが、その後も毎年、何かしらの新作を私たちのもとへ届けてくださっています。

青白釉と紅彩の土鍋、藁灰釉と黒釉の掛け分けによる日月文様の土鍋、わら灰釉、紅彩、青呉須が織りなす花文様の土鍋、黒釉をベースにした色釉のコラージュを思わせる土鍋、鼠志野釉を用いたろうけつ染めを思わせる土鍋、現代的にアレンジを加えた黒織部の土鍋、複数の釉薬による流水紋、線紋、唐草紋などの描かれた土鍋、柄杓がけの土鍋、一筆書きの土鍋、思い返してみると、なんと変化にとんだ表情の土鍋をつくられていることでしょう。

今年の展覧では、形にも新しい試みがあり、八角土鍋を考案していらっしゃいました。

楽しいことは、力を生みます。

楽しいデザイン・ワークと釉薬づかいにとんだ稲葉直人さんの土鍋を、今年もどうぞお楽しみください。

生地に昔ながらの木節粘土(耐火度の強い粘土)を今もって使い続けていらっしゃるところに、一種の気骨さえ感じます。というのは、このごろではほとんどの作家さんが化学的に作られた耐火度の強い粘土をもちいていらっしゃるという背景があります。

稲葉さんが木節粘土にこだわっていらっしゃるのは、食いしん坊さんにとっては朗報のお鍋料理そのものの味わいをまるく美味しいものにするから。

今年のお鍋を写真でちょっとご紹介しておきますね。

よろしかったらネット上か代々木上原店にてご高覧くださいませ。

 

Share Button

鍋作家・稲葉直人さんの新作が入荷いたしました。

木枯らし一番も吹いて、今年も、お鍋の季節がやってきました。

あったか~い鍋を囲むと、不思議なことに、誰もが幸せ気分になれそうで

誰もが満足、満足といったことになってくるのは、なぜでしょう。

今宵、お鍋を囲んで和もうよ、とか、親睦しようとか、仲直りしようとか、お鍋は、いろんな日頃の草草を楽しいものにかえてくれそうです。

今年も、稲葉直人さんのお鍋がたくさん届きました。

これまでにない青白釉に青呉須を用いた花の鍋など、力作揃いとなっています。

ネットショップでも代々木上原店の店頭でもご紹介しています。

どちらでもお好みの方法でチェックしてみてくださいませ。

楽しかったり、スタイリッシュだったり、サイズもいろいろにお楽しみいただけます。

お鍋の取り扱いなどについては、別記事でご紹介しています。

使い初めに注意していただきたいことがございます。

ぜひ、ごらんになってくださいね。

こちらからどうぞ。

Share Button

食卓を彩る作家もののうつわ。

ぽかぽか陽気の後、今日は一段と冷たい風が吹き、あらま冬へ逆戻り~~。

いつもの食卓に、ちょっと春を呼びたくもありますし、ぬくぬくのものをいただきたくもなったりいたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お大根の炊き合わせは、ちょっと温まります。

器は、小川勝弘さんの唐津片口鉢です。柔らかな窯肌に料理は映え、作家さんの手仕事に、気持ちもほっこりしてきます。

春らしい彩りの川合孝知さんの色絵花紋スープカップには、クリームシチューを。春も、ぬくぬくも両方を愉しみたいという、欲張りな取り合わせ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

春待ち気分優先という日には、山近てるみさんの色絵シダ紋の深皿に、春キャベツと大根のソテーにハムの一皿。ミニ・トマトは黄色いものを使ってみたり~~お料理と器の取り合わせしだいで、食卓は、いかようにもたのしいお食事の場に変わってゆきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パン皿に、浜田純理さんの黒織部隅切四方皿を使って、食卓にメリハリをつけたり~~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

料理と器の取り合わせには、必ずおいしい出会いがあることと思います。

サッ、あとは、それぞれを愉しむ心が肝要です。

作家ものの器におんぶにだっこで、お料理を美味しそうに演出する手立てもあるはずです。

なんとなくピンとこないというときは~~

ちょっと青物や彩りのある添え物を用いるだけで、お皿は一段とおいしいオーラを発揮してくれることと思います。

今日は、遠くからはるばるお店まで足を運んでくださった方が数組ございました。

寒い中、ありがたいことです。

心よりお礼を申し上げます~~!

そして、皆様の食卓に、楽しさと美味しさが訪れますように。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAぬくぬくの稲葉直人さんの土鍋もご紹介中です。

 

 

 

 

磁器と陶器の違いについてはこちらからどうぞ。

Share Button

稲葉直人さんの土鍋。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

稲葉直人さんの土鍋が再入荷いたしました。

今回は、皆様のご要望にお応えして、小さめのサイズの土鍋が充実しています。

一度、稲葉さんの土鍋をご利用になった方、お店で手にされた方はすでにお気づきかと思いますが、稲葉さんの土鍋は、軽くて、ふわぁっとしています。

お店で問われる方には、その都度、お話しさせていただいたのですが・・・

稲葉さんの土鍋は、昔から伊賀の山中でとれる木節粘土でつくられています。

この木節粘土は、海水の浸食のない内陸の伊賀で、長い年月をかけ、木が腐って化学変化を起こして出来合った粘土です。

塩分の影響がないぶん熱膨張しても割れにくく、焼成しても硬くなりにくく、ふわぁっとした土味の土鍋に仕上がります。

実は、このふわぁっとした焼肌になるところに、美味しさを生み出す秘密があるんですね。

鍋の内側で、こまやかな熱対流がおき、炊いても、煮ても、美味しいものが出来上がるというあんばい。

稲葉さんは、この昔ながらの木節粘土に愛着を持ち、向こう10年間分は、ストックされるほどの気のいれよう。

この粘土を水変えしつつさらし、菊練して、土鍋用の土にしたてあげ成形され、焼成されます。

木節粘土で作られる土鍋は、堅牢性を追求するがゆえにペタライトという科学的なものを用いた鍋と異なり、とっても軽く、あつかいやすくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 今回も、楽しいデザインの土鍋がそろいました。

一度、ご飯を炊いてみてくださいませ。

ふっくらとしたおいしいごはんが炊き上がることと思います。

稲葉直人さんの土鍋は、こちらから。

お鍋の取り扱いについては、

別ブログ、「器とショールマルコポーロ通信」2009年1月に

お鍋の取り扱いとお手入れ法としてご紹介いたしました。

ご参照いただければ幸いです。

Share Button

稲葉直人さんの土鍋の魅力♪

朝晩の冷え込みがきびしくなってまいりました。

今夜あたり、お鍋かなぁ・・・

鍋を囲んで、家族の顔、友の顔が揃い、さぁ、行きますかと鍋奉行さんがはりきり・・・

あるいは、一人、ゆっくり鍋をつつくというのも絵になります

ただ今マルコポーロには、鍋作家・稲葉直人さんの土鍋がいろいろ揃いました

稲葉さんのお鍋には様々な釉を駆使したデザインという華があります。

そして、

鍋づくりに用いる土が昔ながらの木節粘土(伊賀で作られるお鍋)ということから、仕上がりに軽さが約束されます。(ややヒビは入りやすくなりますが、これは使い方次第で、手を加えて堅牢化することができます)

使い手の方々が扱いやすい蓋のつまみ手、持ち運びが楽な鍋の持ち手など、随所に使いやすさが追求されています。

蓋を開けると~~~

お鍋料理の具材たちが際立ってきそうな、あたたかな刷毛目の入った地肌

さて、今日の具材は、なんでしょう・・・

 

 

こちらは、二種の一人用土鍋ですが

ちょっと温かなものをいただきたいというときには、二人用としても使えそうなサイズです。

良く旅館などで出てくる、しっかりお一人さん用ではないところが嬉しいですね。

稲葉さんの土鍋の魅力は、ほかにもまだまだあると思いますが、具体的なところでは、蓋のつまみ手のデザインが・・・

 

 

割高台の逆版です

 

 

 

 

指でつまみやすくなっています

 

 

 

 

こちらは、手のひらで包むようにつまむようになっています

又、鍋の持ち手のところは・・・

 

 

 

握りやすく

 

 

 

 

持ち運びやすく

 

 

 

 

掴みやすくなっています。

 

お鍋の取り扱いとお手入れ法に関しては、以前に記事にしたことがありますので、そちらを参照して頂けたら、嬉しく思います。↓

http://utuwa-nuno-marcopolo.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-5549.html

 

 

 

Share Button