鈴木正彦さんの耐熱黒線紋シリーズの人気のひみつ。

久々の窯出しで鈴木正彦さんの耐熱黒線紋シリーズが届きました。

以前ご紹介した折りはあらららという間にお客様の手元にわたり、ご希望に添えず申し訳ないことをいたしました。

鈴木正彦さんの耐熱黒線紋シリーズは、オーブン、電子レンジ、直火づかいの出来るとても便利なキッチン用品ですが、シンプルでスタイリッシュなその容姿から、食卓のうつわとしても重宝いたします。

さて、ひところ流行った耐熱ガラスのオーブン用品、どちらのお宅にもひとつやふたつあるのではないでしょうか。

そしてそれはひょっとするとグラタンやチーズ焼き、焼き菓子づくりに大活躍しているのでは。

今回ご紹介いたします鈴木正彦さんの耐熱黒線紋のねこ手鉢だったり長角鉢は、そうしたオーブン用品の陶器版。

もちろん耐熱ガラスの容器があれば、十分オーブン料理をまかなえますが、今回の耐火土でつくられた陶製品を加えていただくと、お料理のレパートリーがぐんと広がるほか、料理の仕上がりをぬくぬく~に印象付けてくれるおおらかなお母さんのような包容力が加わります。

ガラス用品にはない耐火土陶製用品の魅力をあげてみますね。

➊オーブン、電子レンジづかいのほか、直火づかいができる。ねこ手鉢のうつわは、直火にてゴマを炒ったり、銀杏を炒ったりできます。ちょっとした小鍋料理も楽しめます。

➋出来上がった料理に、陶製の肌の助けをかりてあつあつ、ぬくぬく感を演出することができます。ガラス用品ではかなわない味わいですね。

さて、長角鉢の魅力は、どうでしょう~。

もちろんオーブン、電子レンジ、直火づかいはねこ手鉢と同じなのですが、持ち手がない分直火づかいはあまりお勧めではありません。かえって長角のカタチを生かして、バケットやフルーツ、焼き菓子などのうつわとしてご利用いただいても。

こちらは寒い日のチーズ焼き。

この他グラタン、酒蒸し、ワイン蒸し、焼き菓子、豆乳プディングなどもたのしめそうです。

寒い季節のぬくぬくの一品を愉しむ器としてお考えいただければ幸いです。

追記*今日ご紹介するうつわは、鈴木正彦さんのご尊父鈴木茂至さんが鬼籍に入られるという悲報のなか制作されたものですが、いつにたがわず丁寧な仕上がり、痛み入りました。

これからは残された中郷窯をお兄様の工友さんとしっかり守って行かれることと存じます。

ご尊父のご冥福をお祈りいたしますとともに、お二人のこれからをたのしみとさせていただきたく存じます。みなさまの変わらないご愛顧をお待ち申し上げます。

 

 

Share Button

和食器で、パスタもお肉も、はい、どうぞ~~

和食器で和はもちろん、洋食、中華のお料理をいただくようになって久しいのですが、今もって、中華はまだしも、洋食はやっぱり洋食器がいいのよね~~とおっしゃる方がいらっしゃったりいたします。

そうした方のご意見を伺ってみますと、フォークとナイフが使いにくかったりするのだとか。

でも、ご安心ください。

海外でも、盛んに和食器が採用される今日、作家さん方の作られる和食器にも、しっかりフォークやナイフに対応した和の器ができてきています。

こちらは、信楽の鈴木工友さん作の安南手大皿です。

そして、このほかにも、大皿はいろいろ。

白磁、青磁、青白磁、青白釉、粉引、黒釉、染付など~~!

 

 

 

お料理に合わせて、いろいろな大皿を取りそろえるというわけにもゆきませんから、和・洋・中のどんなお料理にも対応できそうなお皿をお選びいただくのが、懸命。

マルコポーロでは、そうした使いやすく、使いまわしのきく大皿を多数の作家さん方にお願いしてご作陶いただいております。

白いお皿は、信楽の鈴木正彦さんの堅手。

このほか常陸太田の根本幸一さんの青白釉パスタ皿も人気急上昇中です。

順次ネットでもご紹介してまいります。

あと、しばらくお待ちくださいませ。

このほか、和食器の大皿は、ご家庭の人気メニュー、カレー、チャーハン、サラダ、散らし寿司のほか、あえ物、オードブル、揚げ物、焼き物などの盛り込み皿としてもご利用いただけます。

出番が多くなりそうな、お皿ですね。

さっ、皆様の腕を振るったお料理に、ぜひ~~な大皿です。

Share Button

ほっこり~~稲葉直人さんのグラタン皿と鈴木正彦さんのグラタン・パン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋の日暮れはつるべ落としとはよく言ったもので、すっかり陽が短くなりました。

落日とともに冷え込んできますから、ついつい温かなものがほしくなる昨今です。

おでんもいいし、鍋を囲んでもいいし、何か一つ、温かなものがほしくなります。

で、アツアツのグラタンは、いかがでしょう~~!

ちょうどいい塩梅に、鈴木正彦さんの黒釉線紋グラタン・パンと稲葉直人さんのアメ釉グラタン皿が入荷致しました。

稲葉直人さんのグラタン皿は、すでにおなじみですが、鈴木正彦さんのグラタン・パンは、はじめてです。

耐火土で出来ていて、カタチは、愛らしいフライパンのカタチをしていますので、グラタン・パンといいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA直火、電子レンジ、オーブンでのご使用が可能です。

幅広いクッキングが楽しめそうですね。

グラタンといわず、チーズ料理、小鍋料理、蒸し焼きにしても、炒り焼きにしても~~!

今でしたら、銀杏や栗の炒り焼き~~!胡麻を炒ってもいいですし、ろうそくの火を当てて、茶香炉に見立てても~~!

キノコのグラタン、牡蠣のグラタン、ニョッキのトマト煮なども。

写真は、ズッキーニとトマト、カラーピーマンのチーズ焼きですが、お好みの具材でいろいろなお料理をお楽しみいただけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

稲葉直人さんのアメ釉グラタン皿も、同じく、直火、電子レンジ、オーブンでのご使用が可能ですから、こちらも多様なクッキングをお楽しみいただけます。

稲葉直人さんのグラタン皿、土鍋は、昔ながらの木節粘土で作られています。取扱いについては、こちらに写真入りでご紹介しています。ご参照くださいませ。http://utuwa-nuno-marcopolo.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-5549.html

ちょっと気をつけていただきたいのは、調理後、グラタン・パン、グラタン皿が熱くなるということ。

必ず当て布を用いてお取り扱いくださいね。

食卓では、敷きマットやソーサー変わりのプレートのご利用をおすすめいたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Share Button

鈴木正彦さん、藤ノ木土平さん他新作の入荷がつづいています♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店頭のショーウインドーで、白木蓮の花が

咲き始めました。

コノハナの花びらを見るたびに思い浮かべるのは、カウリンをたっぷり使って作陶された、有光武元さんの粉引のうつわ群です。

おなじように

漆黒の那智黒などの石を見ると、土屋由起子さんの黒唐津をイメージしてしまいます。

鈴木正彦さんの黒釉とは、昨年の夏からのおつきあいとなります。

お付き合いが浅い分、鈴木さんの黒は、この黒というところまで漕ぎ着けていませんが、どの器も使いやすいからか、すでに鈴木さんファンの方々がうまれつつあります。

その鈴木さんの黒釉線紋内白化粧の多用碗、多用丼が出来上がってまいりました。

多用と名がつくだけに、使用用途はひろくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは多用碗のほうですが

小鉢にも

お鍋の折りの取鉢にも

はたまた、かんたんなスープ碗にも

カジュアルな向付としてもご利用いただけると思います。

また、新境地の織部の器も仕上がってまいりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

順次、商品登録をしてまいります。

今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、藤ノ木土平さんの朝鮮唐津向付です。

もちろん、小鉢や取鉢としてもお使いいただけます。

 

この他、絵唐津の使いやすいカタチのものも届いております。

ついこの間まで、お鍋の取鉢をお探しの方が多ございました。

ここにきて何種類か届いておりますので、こちらの方のご用の方も、一度、ごらんになってくださいませ。

あちこちから梅の開花をしらせる声をお聞きします。

この後、桃の頃には、お節句です。

そして、桜の花が咲くころには、入園、入学式、お花見と、春を愛でるお祝い事がつづきます。

そうしたお祝いの席に、器や布の店として、マルコポーロをお役立て頂ければうれしいところです。

フェイスブックでは

代々木上原マルコポーロ「おいしい食卓ウォッチング!!」のサイトをひらき、器と料理のおしゃべり交差点を目指しています。

よろしかったらサイトにお出かけいただき、イイねクリックをお願いいたします~。

そして、毎日のああ~今日は何にしましょうとか、おすすめ晩御飯のこともお話しいただければ幸いです。

若い方々の晩御飯・参考サイトとなれば、なおさらのことです。

ぜひとも、ご参加くださいませ。

器のことを語っていただいてもオーケーです。

 

 

 

 

 

Share Button

鈴木工友さんの赤絵土鍋と、鈴木正彦さんの黒釉土鍋♪

鈴木工友さんと正彦さん兄弟の土鍋の窯だしがありました。

工友さんは、赤絵がお得意で

正彦さんは、使い慣れた黒釉で

どちらも丁寧な仕事をしていただいて

とても使いやすい土鍋です

工友さんの土鍋の内側は、どのお鍋も白化粧が施され、中に入るであろうお鍋の具材を引き立ててくれる仕上げです

 

 

 

蓋の取っ手には、鳥をデフォルメしたものや・・・

 

 

 

こちらのお鍋は、シンプルに昔ながらの花鳥赤玉紋となっています

 

 

 

 

蓋裏には、お決まりの赤絵で工友さんのサインが入っています

 

 

 

 

一方、正彦さんの土鍋には、黒釉にひっかきの線紋が入り、白泥が象嵌されています

こちらは、シンプルでモダン

 

 

 

お鍋の内側は、こちらも白化粧され、中に入るであろうお鍋の具材の引き立て役にまわっています

 

 

 

お兄さんにあたる工友さんの赤絵土鍋と、弟さんにあたる正彦さんの黒釉土鍋

それぞれに味わいが異なり、窯に出向きますと、こちらの愉しみもひとしおです

お好みの土鍋で、ぬくぬく、ポカポカの冬にしたいものです

一人用の土鍋には、工友さんの赤絵土鍋が三とうりそろいました

 

 

 

 

たっぷりしたサイズになっていますので、ぬくぬくのものをちょっと一品いただきたい時は、二人分にもお使いいただけそうです

 

 

 

ごはんやお粥さんなどを愉しみたい方には、お釜の形状に似たふっくらしたカタチのものもあります

お二人とも、耐火土を利用していらっしゃいますので、お鍋の扱いは、楽かもしれません

お鍋を丈夫に長持ちさせるチェックポイントは

いきなり大きな火にかけない

お鍋の底をぬらしたまま火にかけない

お鍋がまだ熱いうちに、冷たい水を使わない

油を入れて揚げ物、炒めものなどをしないなどですが

一番最初の使いはじめに、お粥さんを炊き、そのまま一晩おき、よく洗い、お尻の水気をとってから利用してくださいませ

長くご利用いただくための大事なことでございました

 

 

 

 

 

 

Share Button