商品検索

商品カテゴリから選ぶ
作家・工房から選ぶ
商品名を入力

現在のカート

合計数量:0

商品金額:0円

カートを見る
キッチンの周辺

取扱い作家・工房

有光武元
赤絵、粉引、色絵、唐津、織部、アメ釉など、作品は多岐にわたります。 「器は最終的に使い手によって作り上げられるもの」とお考えの有光作品に陶刻はありません。どうぞ育ての親気分で有光作品をお楽しみください。
藤ノ木土平
唐津焼作家。唐津の地で、登り窯、穴窯による唐津焼作品を制作。
朝鮮唐津、斑唐津、白唐津、三島、刷毛目、青唐津など、いずれの作品にも人気があります。
吉本正
備前焼作家。人間国宝・藤原敬氏のもとで修行したのち、独立。
徳利やぐい飲みなどの酒器に定評があります。
鈴木茂至
信楽焼作家。信楽焼きの無形文化財保持者。焼き締めに定評があります。このほか信楽の生地に白化粧を施し、色絵付けした作品と技法は、高く評価され、他の追随を許さないものがありますが、鈴木茂至さんご本人は、とても気さくな方です。
四代山田常山・山田想
常滑焼作家。人間国宝・三代山田常山を父に持つ四代山田常山、祖父と仰ぐ山田想さんは、常山窯のDNAを受け継ぎつつ、独自の感性の作品化を心掛けていらっしゃいます。急須、花入れに造詣が深く、いずれも使いやすさに、揺るぎのない技術が光ります。
戸松万典
美濃焼作家。志野、古志野、鼠志野、赤志野、天目などに傾倒し、作陶されています。
ここにきて、お茶道具に人気が集まっているようです。
小川勝弘
美濃の大平、大萱で修業ののち、伊豆、伊東市に築窯。唐津、黄瀬戸、灰釉、萩などを中心に作陶。
ゆくゆくは志野に取り組みたいとおっしゃっています。
鈴木秀昭
修業先は九谷、アメリカ、カナダ、オランダとインターナショナル。伊豆の伊豆高原に築窯。国際的なクラフト展にて頭角を現すや、その人気は年を追うごとに上昇中。宇宙をテーマにした作品が多い。
松本頼明
備前焼作家。ホンダ技研開発部デザイン科を経て、備前焼伝統工芸士松本康人氏に師事。
おおらかなろくろ成形の作や細工ものに人気があります。
浜田純理
美濃焼作家。黄瀬戸、織部、黒織部、灰釉に造詣が深い。近作の黄瀬戸山柿に至っては、安土桃山時代の黄瀬戸の再現を願って、山に入り当時の土層を探し当て、見事な黄瀬戸を焼き上げられています。
岡田崇人
益子焼作家。人間国宝・島岡達三氏に師事。個展、父子展、グループ展を経て、確かなファン層をきづきつつあります。
神崎継春
信楽焼作家。形といい窯炊きの景色といい、信楽らしい信楽をつくられます。この他、伊羅保、灰釉、青磁などにも取り組まれ、今では、息子さんと二人三脚の作陶生活だそうです。
稲葉直人
伊賀鍋作家。丸柱は、耐火土性の高い土がとれることから、昔から土鍋の産地として知られています。先代からの窯を継ぎ新しくデザイン性をプラスしたことで稲葉さんの土鍋ファンは、日本全国に。
土屋由起子
唐津焼作家。中里隆氏のもとで修業後、独立。繊細な中にもおおらかで男性的なフォルムを形成なさる。 個展、作品展を通じ若手のファン層をつかんでいらっしゃいます。
前田洋介
有田焼作家。父君と有田の窯を経営。染付、赤絵において、その丁寧な仕事ぶりに、評価は上昇中。
伝統的なものも、現代感覚のものもこなされます。
山近てるみ
九谷焼作家。新田邦彦氏、山本長左氏、福島武山氏に師事。
独立後、藍と赤を中心に、絵付師として活躍。 ていねいな仕事ぶり、だみ筆の置き方に定評があります。
川合孝知
九谷焼作家。楽しむ器を作りたいとおっしゃる川合さんの器は遊びごころにあふれています。九谷焼技術研究所を卒業後、上出長右衛門窯にて絵付を習得。九谷焼技術者自立支援工房にて制作中。九谷焼伝統工芸士認定。
中村真一郎
備前焼作家。徳利と盃の名手、中村六郎氏を叔父に持つ。
ご本人が釣りの愛好家であることから、みずから包丁を握られることもあり、料理専門家の方に使いやすいとの定評があります。
和陶房
九谷焼の窯。ろくろ師の成形するうつわに、九谷の新進気鋭の作家さん方が絵付けを施している。 窯ものとしての完成度は高く、多くのファン層をつかんでいらっしゃいます。
久都間美砂子
ガラス工芸作家。東京ガラス工芸研究所を卒業後、札幌芸術の森クラフト展にて初入選。 グループ展、個展を通じ金銀彩を用いた巴技法の作品に人気が集まっています。
守田漆器
山中塗工房。木地師さんのひいた木地に漆を施す塗師の工房。
入れ子椀やオリジナル制作の子供食器が、最近の話題作となっています。
帛テキスタイル
日本の絹糸にこだわり、これを草木染めし、すずしなどの反物、ショール、ストールなどに仕上げる。
日本を問わず、海外にも販路をひろげていらっしゃいます。
壷草苑
藍染工房。天然藍で藍建てし、ぼかし染め、型染め、板染めなど、多岐にわたる藍染作品がある。
先染め、後染めがあり、人気の高い工房となっています。
木宮陽子
結城紬デザイン・織り師。真綿を手で紡ぎ、強撚糸をせずに、くくりは手くびり、織りは昔ながらのいざり機織りという作業を経て、結城紬の反物や帯、ショールなどは出来上がります。木宮さんは主にデザイン・織りの工程に携わり、ていねいな仕事ぶりに定評があります。
鈴木工友・正彦兄弟
信楽焼作家。近江神宮御用窯にあたる中郷窯を父の茂至さんと親子三人で守る。赤絵、唐津の得意な兄の工友さん、弟の正彦さんは、黒釉、白釉を巧みに操り、シンプル・モダンな器を作られます。
我戸幹男商店
明治41年、ろくろの町山中温泉に我戸木工所として創業。木地の完成度を高めるほか、デザイナーとのコラボレーションによる実用性と芸術性の高さも追求。完成度の高いスタイリッシュな木工製品を生み出していらっしゃいます。
宮腰徳二
九谷焼作家。18歳から薄手型打ち大皿、花瓶の技術を学び、妙泉陶房・山本長左氏のもとで修業。2006年九谷焼成形部門、伝統工芸士の認定を受ける。2012年に独立。オリジナル性の高い、ラインの美しい食器づくりを心がけていらっしゃいます。
谷道和博
ガラス工芸作家。都立工芸高校デザイン科を卒業の後、各務クリスタル製作所に入社。吹きガラスを始める。31歳の折り、横浜にガラス工房を築き作家活動を始める。35歳の折り、赤坂・乾ギャラリーにて初個展。窯を大森に移築。三年後、各務クリスタルを退社しフリーランスに。平成元年、香取市に住居・工房を写し、作家活動に専念。個展、グループ展多数。日本ガラス工芸協会会員。
河合正光
京焼作家。生粋の京都っ子で、京都・炭山の今橋貴古氏に師事し、日本画家、権貴玉氏に絵を学んでいます。今から17年前、大津にて独立。青磁、白磁に傾注した作家活動をなさっています。手に持って心地よい具合を大切にしながら、フォルムや色合いを決めてゆかれます。ヘラやくしを駆使した面取りやラインのデザインが秀逸です。
天野智恵美
京焼作家。ご実家は東京で、修業先は有田、絵付けからスタートして、京都・東山にて独立・開窯。青磁と彩黒色化粧を得意となさっています。どちらも師匠を持たずに独学にて開眼。14,5世紀の韓国青磁に通底するものがあります。陶ISMコンペティションでは第1位を、日吉開窯100周年記念コンペティションではグランプリに輝くなど、たいへんなご活躍ぶりです。
新歓嗣
伊賀の陶芸作家。昭和19年大阪生まれ。昭和43年大阪芸術大学クラフトデザイン陶芸科を卒業。泉北須恵古窯発掘調査に参加の後、伊賀上野に移り築窯。作家活動に入る。7基の穴窯を作品により使い分け、力強く面白味のある作品を焼成。細工ものにも造詣が深い。
平松祐子
東邦大学薬学部薬学科卒業後、薬剤師の仕事を経て陶芸の道に入る。愛知県立瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科卒業。茨城県潮来市に築窯。シンプルで凛としたたたずまいの作品が多い。工芸都市高岡クラフト展入選。個展、グループ展にて活躍中。
根本幸一
1972年茨城県に生まれる。2009年映像作家から陶芸家への転身を図り茨城県工業技術センター窯業指導所に入所。2011年在所中に第51回日本クラフト展入選。2012年同所を修了。2012年第52回日本クラフト展入選。常陸太田市に開窯。用の美を追求したフォルム、釉薬の探求・表現者をめざしていらっしゃいます。
柳川謙治
1982年足利生まれ。東京の専門学校にて家具職人の技術を学んだ後、一念発起して、陶芸家への道を選択。京都の職業訓練校にて陶芸を2年学んだ後、3年間京都にて修業を積む。足利に戻り柳川製陶所を設立。窯を開いて、4年目となる。壊れてしまっても、直してまでも使いたいといわれる器作りを心掛けたいとおっしゃる。